ヒナコの届かぬ想い

私の日々の想いを綴ります。

造園解体新書 コンサルTOHK 野原一輝どうなの?実際のビフォーアフター

造園解体新書 コンサルTOHK 野原一輝どうなの?実際のビフォーアフター

→詳細はこちら

コンサルTOHK 野原一輝さんの造園解体新書を、
友達に教えてもらったんだけど、どうなのかな?


私は現在、造園・土木事業を営む会社を経営しております。本テキスト作成に至った経緯としまして、日本全国の中小企業及び零細企業の活性化支援に微力ながらもお力添えをしたいと思っている背景がございます。
2016年現在、建設業も決して儲かり易いとは言い難い時代の中で、作業員不足や公共事業数とそれを生業とする企業数の差が開いていることから、資金繰りに苦しむ企業、集客が思い通りにいかない企業、果ては倒産に至る企業が増えています。
日本の経済は中小・零細企業から成り立っています。今、私にできることは自信が経験している経営事例をもとに、世の中の企業が一丸となって活気を持続し、有望な経営者を一人でも多く存在させることです。


っていうのは、良さそうだよね。

口コミとレビューは本当かな?


「造園解体新書」とありますが、上記でも述べましたように建設業関連の経営者様の知識が詰まっています。そのため本テキストに含まれている経営戦略と財務戦略につきましては建設業共通で応用の利く内容となっています。
?特に造園業特化
本テキストの構成内容
・?11の指標を見る決算書分析
・建設業特化の月次資金繰表
・圧縮するための固定費管理表
・3割利益を確保する見積書
以上4点です!ウイルスチェックをかけておりますがご注意願います。
?※ エクセル2003,2007,2010で動作確認が取れております。

?私が入社したとき
?数多くの経営者との出会い
?経営状況は散々でしたが、先代の人柄あってか、周りの企業様、お客様、関係者の皆様には大変恵まれていました。その出会いの中から学んだことを本テキストに詰め込みました。つまり、これは私だけではない多数の経営者様の英知と経験を詰め込んだスペシャル教材なのです!
?本テキストで一人でも多くの経営者様、
一人親方様にお力添えしたいと考えています!
私自身、小規模ではありますが造園業と土木事業を民間・公共事業共にこなしております。そのため本当に有益な情報というものにも分別がつくと自負しています。今回、特に造園業の剪定事業にフォーカスをあてています。


なんだか役に立ちそうだよね。

私にもできるかも・・・。

試してみようかな。

→詳細はこちら