ヒナコの届かぬ想い

私の日々の想いを綴ります。

佐野正弥育毛の達人式自宅発毛マニュアル 効果あり? ネタバレ(内容)

佐野正弥育毛の達人式自宅発毛マニュアル 効果あり? ネタバレ(内容)

→詳細はこちら

ネットで噂になっているのが、
佐野正弥さんが書いた「育毛の達人式自宅発毛マニュアル」
体験談やレビューでもかなり評判が良いみたい。


お世話になっております。 薄毛度合い進行度が激しい方向け究極の発毛法を実践している○○○と申します。 究極の発毛法を実践してから、3ヶ月半が経ちましたが、だいぶ髪が復活してきました。 ありがとうございます。 本当に感謝しております。 自然治癒育毛法に取り組んだのは、2006年の1月ごろですが、どうしても薄毛を気にしながら生活していることが耐えられなくなり、その年の夏に丸坊主にして、 育毛生活と別れを告げることにしました。 はい、1度あきらめたんです。 でも、今年の8/21のメールマガジンを読んだ時に、ピーン!とひらめき、これだ!と思いました。 究極の発毛法の存在は、確かに以前から知っていましたが、1度あきらめてしまった 私の心には響きませんでした。 いや、メールマガジンを購読し続けている時点で、あきらめきれていなかったのですが。(笑) しかし8/21のメールマガジンに記載されていた感想は、まさに私が感じていたのと同じもの。物凄く共感したんです。 そして、その方が発毛を実感されたのなら、ひょっとして私も・・と思い、すぐに申し込みました。今までいろんな発毛、育毛剤を使用してきました。 ・リ○ップ ・黄○宮 ・髪○助 ・ハゲのカリスマ○○がなんちゃらの育毛剤 ・ロ○イン などなど。 正直、名前もあまり覚えてないほど、いろんなものを試しました。 いろんなものを試しましたが、使用前、使用後がわかるように頭の写真を撮ったものは ありませんでした。 でも今回の究極の発毛法は写真を撮りました。 今考えると不思議なんですが、自信があったというか、発毛することを魂が知っていたというかとにかく使用前、使用後がわかるようにしなければならないと思ってました。 写真は、3ミリの長さで丸坊主にしてから、約2週間後の9/1にケータイで撮りました。 (この日から実践しました。) そして、12/19に撮ったものは、出来るだけ地肌をさらけだして撮ったものです。 横から髪を頭頂部に持ってくれば、もっと地肌は隠れます。(笑) もちろんこれは、ただ髪が伸びただけではありません。 頭頂部は地肌がハゲ特有のツルツルピカピカしていたのですが、 今は、あまりそれを感じなくなりました。 妻は、あまりの変化に始めのうちは「気持ち悪い」と言っていましたが、(笑) 私の頭を見るたびに「すごい!すごい!」と奇跡が起こったかのように喜んでいました。 いや、奇跡ですよね。他の人から見れば。 でも不思議と自分では当然の結果だと思っているんです。 本当に不思議ですが。 もちろん、佐野様への感謝は忘れてはいません。 そして、佐野様へ結果報告をした方にも 感謝しています。 あの方が結果報告をしていなければ、究極の発毛法を実践していなかったと思います。 本当に感謝しています。 今後は、自分の画像を利用して、自然治癒育毛法、究極の発毛法を広めたいと思います。 本当にありがとうございました。 そして、これからもよろしくお願いします。


っていうけど、
本当に効果が実感できるんだって。


悩みすぎやストレスを抱えすぎると、自律神経が緊張します。
これで頭皮は血行不良を起こします。

あと、身体の抵抗力と免疫力が低下するので、栄養分をうまくとりこめない体質になるんです。
これを私は薄毛体質と呼んでいます。

身体が正常に機能しなくなれば、髪にもその影響は現れます。
毛根が弱り髪が抜けやすくなったり、新陳代謝が低下して発毛しにくくなります。

ストレスを受けた体の機能低下は、すべての悪循環を生み出します。

薄毛というのは、遺伝性のものでジワジワ進行していく粘着型と
一過性のストレスで短期間でハゲてくるが、ストレスが消えるとケロッと
治ってしまうサッパリ型があります。

サッパリ型は一時的なもので、逆に治るのもあっという間です。
最近でも私の周りの方ですが、陰湿激高タイプの上司にストレスを与え続けられ半年で頭頂部が凄く薄くなってしまった人がいました。

「どうしよう、どうしよう」
と色々悩んでいたようですが、その上司が異動で消えて、別の楽天家の上司に入れ替わったら6ヶ月も経たないうちに、頭頂部の薄毛がすっかり治っていました。

これは遺伝性の薄毛でなく、ストレスからくる一過性の薄毛であったのです。
もともと薄毛体質でないので、「上司」という最大の重荷がストーン!と

外れた途端、劇的に治ってしまったのです。
その他にも、週末にはスカッシュなどをして楽しみながら汗を流し、毒素を出しストレス発散をしたことが功を奏し、血行も改善され治ったわけです。

一方、粘着型の男性型脱毛症の場合は遺伝的な原因が強く、何年もかけて薄毛がゆっくりと進行していくタイプです。これは治しづらいのです。

これはもともと薄毛体質の薄毛タイプなので、上の人がハゲあがった事情とは根本的に違います。

なぜなら一過性の薄毛ならともかく、遺伝性でジワジワと薄毛が進行するタイプにはこうした方法だけでは不充分だからです。

遺伝の問題で長期間薄毛がゆっくり進行しているタイプが一番、厄介なのです。
遺伝性では頭部全体の頭皮状態からおかしくなります。

男性ホルモンの分泌もはなはだしく多くなります。
だから頭皮もメンテナンスを継続して改善、生活方法から薄毛体質改善、といった
外側と内側の両方からじっくり取り組む必要が出てくるのです。


本当に効果があるのなら、試してみたいなぁ。

メールでのサポートもあるみたいだし、試してみる価値はあるかも。


→詳細はこちら